忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/22 02:39 】 |
ゲームの話しと三国志大戦今昔物語5
好きなゲーム会社は?と聞かれたら。

まず「昔のガスト」と答え、次点に「ネバーランドカンパニー」、そして「キッド」

俺の中で3傑です(・∀・)

特にネバーランドカンパニーの「カオスシード」が神ゲーです。
やりこみが好きな方は特におすすめ。SFC→SSでこのクオリティはすごいょ。
自分で作ったダンジョンに入ってくる勇者達を撃退って発想が凄すぎる。


新作のルーンファクトリーのためにDSを買いそうな予感。DS持って無くても絶対予約するゎ。

今日は調子が悪く、×○○××と負け越してしまいました。
デッキに無理があるかなw


さてさて。前回からの続きでございます。

よっしゃー! まだまだぁ!が続々と増えて行き、蜀人口はうなぎのぼりとなってゆく。どこまでゆくのか奮起劉備。

新カード登場からひと月ほどでバージョンアップ。バージョン1,11でございます。


自分はこの頃が一番つまらない時期だったと記憶します。
ハルカを使うのもやめて、サブカードでネタばっかりやっていたかな。

ただし!
この頃は今のピアでは「ありえない!」(孫桓風)大会を3回やっています。
しかもスパンが短いです。

まだ客付きがよかった10月に大会をやってくれたし、その後はネタ大会と年末大会。

最初の大会は「R曹操、R張遼、UC司馬イ、R楽進、と何か1,5」という分けの分からないデッキで出場した記憶があります。もち蒼龍さんの甘皇后にボコボコにされる。

次の大会はコス1のヘボカードを一枚引いて、それをデッキに必ず入れなければいけないというルール。
馬鉄馬休を引けると信じて止まなかった俺だが、残念高覧。
しかし「R黄忠、Cシャマカ、UC蹋頓、Rホウ統、C高覧、C張松」というデッキで決勝まで進出。
あと一歩というところでミスってアメスピ中毒な方に負けてしまう。

最後の大晦日大会はバイトの都合上出場できませんでしたが、参加人数が少なかったみたいです。まぁ大晦日じゃね^^;

大戦自体はイマイチでしたが、仲間との交流が本当に楽しかった印象があります。
大会の後、皆で食事しにいったりしたしね。
またファーストフードとかじゃなくて、何処かにゆっくり飲みに行きたいですねぇ^^


年が変わってしばらくするまで、上位陣は奮起、キョチョイク、降雨落雷、太史慈or黄忠ワラワラが多数を占めました。

とにかく寒い時代。
なすすべも無く落城するパターン数多く。
火計使いにとっては、極寒の冬といっていいでしょう。(かくれんぼ火計なんて無駄な抵抗です。)


しかし!


ついに火計の時代が来た!(・∀・)
人は言う。 ぶ~で~火計と!


次回は三国志大戦今昔物語も、遂に最終回だよ。
PR
【2006/07/19 01:14 】 | ゲーム | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ワラワラと三国志大戦今昔物語6 | ホーム | 夜アニと三国志大戦今昔物語4>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]