忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 19:52 】 |
間違った選択肢
まだ途中。
整理しました。
矢印中には、基本的に兄と妹のやりとりが入ります。



ゲームスタート
  ↓

見る/見ない→最初から

 キイチ「…見たくない」

 モモ「…なんでよ」

 キイチ「眠いから」

 モモ「寝ないでよ!起きてっ!」

 キイチ「……」

  妹の声を無視して、睡眠体制に入る。
  眠りの境地に達していれば、音や明るさなど、何の障害にもならないのだ。

 キイチ「……」
 
  だんだんと、意識がぼやけてくる。
  さぁ…夢の中へ…
  おや…すみ……
  …。
  ……。


蹴る/殴る →最初から
 
 
キイチ「もうおこったぞ♪」
キイチ「必殺☆パンチ!」

 ぺしっ
 俺の最弱パンチが、妹に炸裂した!

モモ「…えー」
モモ「どう反応すれば」

キイチ「…だって」
キイチ「…大切な妹を、傷つけられるわけ」
キイチ「…ないじゃん」

モモ「きもい」

 ぐさっ

キイチ「ぐぼはっ!」
キイチ「げほっ…げぼぼ」

 …ど、どうした。急に、体が…っ!

モモ「お兄ちゃんきもい」

キイチ「ぎゃあああああああ!!」

 …バタッ
 …。
 ……。
 



許す/絶対に許さない→最初から
 
キイチ「絶対に許さない!」

モモ「…な、何よいきなり」

キイチ「許さない!」
キイチ「お兄様を侮辱するなんて!侮辱するなんて!侮辱するなんて!」
キイチ「絶対☆駄目!」

モモ「…お兄様」
モモ「飲み物を用意いたしました」

キイチ「うむ。大儀である。これからも兄を敬えよ」

モモ「もちろんです」

 ゴクゴクゴクッ

キイチ「プハーッ」

モモ「いかがでしたでしょうか?」

キイチ「なかなか良い味だったぞぉう~~~~~~~ん」

 バタリ

モモ「お薬の入ったダージリン。意識が飛ぶほど満足されましたようで」
モモ「おーっほっほっほっ」

 俺は朦朧とした意識の中で、妹のせせら笑う表情を目に焼き付けた。
 …妹よ、お前もかっ…。
 ……。
 …。




隙を突いてネコミミに触る/隙を突いてトンカチで叩→最初から

兄「ハイパーハンマーをくらえっ!」

 必殺のハイパーハンマーが、俺のマジカルポケットから繰り出される!

妹「てやんでぇ!」

 ガシィィィッ!!
 重さ20トンを越すハイパーハンマーを、妹は鋼鉄の身体で受け止めたっ!

兄「さすが妹っ!なんともないぜっ!」

妹「てやんでぇ!このすっとこどっこい!」
妹「こんちくしょうめ!おかえしでぇいい!!」

 受け止めたハイパーハンマーを、妹は軽々とこちらに投げ返す。
 20tを越す鉄球が、俺の眼前にせまるうっ! 

兄「ふっ…この程度」

兄「見切ったぁぁぁぁぁっぶぶぶぶぶぶふふふうっつつっつ!!!」

 い ち げ き ひ っ さ つ !

兄「…ときが…みえ…る…」 

 …兄は息をひきとった。
 …。
 ……。


殴ってくれ/殴らないでくれ→最初から
 
キイチ「暴力反対」
キイチ「体罰反対」

モモ「しょうがないなぁ…」
モモ「じゃあ、信じてくれる?」

キイチ「信じる」

モモ「…信じた?」

キイチ「信心してます」

モモ「入信する?」

キイチ「します」

モモ「ようこそネコミミ教へ」

キイチ「おかえりなさいませ、ネコミミ様」

モモ「さぁ、悟りを開くのです」
モモ「まずは眠りにつき…精神を空の状態に」

キイチ「はい、ネコミミ様」

モモ「信じるものは、スクワーレルッワーレルッオッモッイッ♪」

キイチ「おやすみなさい、ネコミミ様」

モモ「おやすみ」

キイチ「ぐーすかぴー」
キイチ「ZZzzzz…」
…。
……。



絶対に許さない/ 許す→最初から

キイチ「出来心なら、仕方ないよね…」

モモ「そうそう、軽犯罪で初犯なら、出来心ですぐ釈放してくれるよ」

キイチ「うっそまじ?」

モモ「まじまじ」

キイチ「それやばげー?」

モモ「やばやばげ」

キイチ「ちょっぱやでやるっきゃないじゃん系?」

モモ「ないじゃん系ないじゃん系」

キイチ「ひゃっほー!」

モモ「ところでここに、謎の白い粉があります。」
モモ「トランス状態へ覚醒できる、とってもすばらしい粉です」
モモ「これを吸ったら犯罪かもですが、出来心なら許されるはずです」
モモ「どうぞ」

キイチ「ひゃっはー!ありがたくいただきます的感謝ーっ!」
キイチ「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」

モモ「よい子は真似しないでね」

キイチ「ああはははははははははははははははははは」
キイチ「あはっあは…」
キイチ「あは…」
…。
……。



勇気りんりん/夢いっぱーい→最初から


キイチ「あっおほしさまー♪」

モモ「えっ?」

キイチ「夢の国へようこそーっ」

モモ「えっ?」

キイチ「なんでもかなう。夢の国」
キイチ「国王のお兄ちゃんです」

モモ「えっ?」

キイチ「どうしてそんな怖い顔するのー?」
キイチ「お兄ちゃんをいじめないでー?

モモ「えっ?」

キイチ「そうだ、一緒に夢の国にいきましょう!」
モモ「えっ?」

キイチ「さぁ、こっちにおいで!」

モモ「えっ?」

キイチ「さ、いっしょにねんねしよう!」
キイチ「ねんねして、いっしょに夢の国にいこう!」

モモ「えっ?」

キイチ「おやすみー」

モモ「えっ?」
モモ「……え?」

…。
……。



100フィート譲ろう/100インチ譲ろう→最初から



キイチ「100インチ譲ろう」

モモ「インチ…」

キイチ「すごい価値だぞ」

キイチ「100インチのハイビジョンテレビっていったらそりゃもう」

モモ「いらない」
モモ「100インチのテレビなんかあっても、家の中で見れる大きさじゃないし」

キイチ「なん…だと…?」

モモ「無用の長物」
モモ「大は小を兼ねるなんて、最低の嘘ねずずずずずずずず」

キイチ「なんだって…?」

モモ「とりあえず」
モモ「ねこまんまをもっとくださいずずずずずずず」
モモ「ねこまんまならいくらあってもOKですずずずずずず」

キイチ「…なんて胃袋だ」
キイチ「あの小食のモモが…!?」
キイチ「大食いのキーちゃんと呼ばれたこの俺が!?」
キイチ「くっ…」

モモ「ふっ…」
モモ「ずずずずずず」

キイチ「…生きる気力をなくした」
キイチ「寝て忘れる」

モモ「またふて寝か」

キイチ「おやすみ」
キイチ「ふがふがふー」

モモ「おやすみ」

キイチ「ZZZzzzz…」

 …。
 ……。


助ける/たす蹴る→最初から


モモ「…面白いとでも思ってるの?」

キイチ「ギャグセンスの問題かな」

モモ「人間としての問題ね」

モモ「ずずずずずっ」

キイチ「…俺は…どうしたら…」

モモ「食べすぎで私の胃がおかしくなる前に、ロードしてください」

キイチ「…ロード?」
キイチ「ロード…ロードって何だ?」
キイチ「…みち…道…」
キイチ「道程のことか?」

モモ「道程…」
モモ「お兄ちゃんのことですねずずずずず」

キイチ「えっ…?」
キイチ「あれっ…?」
キイチ「どうしたんだろう…急に…意識が…?」

モモ「現実逃避をはじめましたねずずずずずずずぅ」

キイチ「あれ…」
キイチ「ねむ…く…」

モモ「おやすみなさいずずうずずずずず」

キイチ「ZZZZZzzzzz…」

 …。
 ……。


こんこんと説く/ハンカチを貸す→最初から

キイチ「ほらよ…」

 ポケットからハンカチを取り出す。

モモ「…ぐすん」
モモ「あ、ありがと…」

キイチ「いいってことよ」

 俺紳士!
 カッコいい!

モモ「…でも」
モモ「許さないから」
モモ「私…涙の数だけ強くなるから」
モモ「いまもまた強くなった

キイチ「…なんだと」

モモ「試して…みる?」

キイチ「…くっ!」

 なんだ、モモから放たれるこのオーラは…。
 圧倒的…圧倒的じゃないか。
 なんだ、この戦力差は。
 …これ以上泣かれる前に、万が一つにも勝てる要素のある今ならあるいは…!?

キイチ「これが漢の意地ってやつよぉぉぉおおおっ!!」

 バシィインッ!
 必殺の左腕が、モモの脇腹にねじ込まれる。
 …決まった。

モモ「…やれやれ、攻撃が単調ですね」
 
 …な…に…?
 直撃が効かないだと…?

モモ「そろそろおねむの時間じゃないですか?」 

キイチ「…くっ」

モモ「おやすみない」

キイチ「あっふぅーーーん…」
キイチ「ZZZZZzzzzz…」

…。
……。

 

うまい棒/バナナ→最初から


キイチ「バナナはおやつに入りません」

モモ「チョコバナナはどうでしょうか?」

キイチ「チョコが溶けて大変な事になります」

モモ「チョコエッグはどうでしょうか?」

キイチ「中のおもちゃが、チョコまみれになります」

モモ「大人のおかずはどうでしょうか?」

キイチ「俺は大好物です」

モモ「明日は遠足ですね」

キイチ「そうですね」

モモ「早く寝ないと寝坊しちゃうぞ☆」

キイチ「はーい、ママ」

モモ「おやすみ」

キイチ「おやすみなさい」

キイチ「ZZZZZZZzzzzz…」

…。
……。



にゃにぃにゅにぇにょにゃ/にゃんにゃかにゃん→最初から

キイチ「おねがいがあるんだ」
キイチ「にゃんにゃかにゃん」
キイチ「…って言ってみてくれ」

モモ「にゃんにゃかにゃんにゃ?」

キイチ「…も、もういちど!」

モモ「にゃんにゃかにゃん?」

キイチ「す、すばらしい…!」

モモ「にゃかにゃかにゃん?」

キイチ「…もう」
キイチ「しんでも」
キイチ「いいぃっ!!」

モモ「にゃにゃっ!」
モモ「頭大丈夫かにゃ!?

キイチ「ネコミミサイコーッ!!」
キイチ「にゃはははははははっ!」
キイチ「はははは…」
キイチ「はは…」
キイチ「は…」
キイチ「……」

……。
…。



否!/うむ!→最初から

キイチ「うむ!」
キイチ「ネコミミは人の誉れなり!」

モモ「だよねー☆」
モモ「わたし、このまま生きる!」
モモ「私はネコミミで、お兄ちゃんは人間で!」
モモ「ともに生きよう!」

キイチ「ともに生きよう!」

モモ「やったね!ハッピーエンド!」

キイチ「夢のようだ!」

モモ「なにいってるの、これ夢だよ!」

キイチ「まじ?」

モモ「まじまじ」

キイチ「じゃあ起きなきゃ」

モモ「そうだよ、はやくおきてよ」

キイチ「…じゃあ、また後で会おう!」

モモ「うんっ。おやすみ!」
モモ「おにーちゃん」

……。
…。



ハゲ増す/励ます→最初から

キイチ「ドンマイっ!」
キイチ「大丈夫大丈夫、いけるいける!」
キイチ「がんばろう!」

モモ「は…?」

キイチ「魔法なんか使えなくたって、お前はお前だよ」
キイチ「等身大のお前だよ」
キイチ「背伸びしたってしょうがないよ」

モモ「…なにそれ」

キイチ「いいか」
キイチ「夢見てんじゃねぇぇえええ!!!」

モモ「ガーン」
モモ「夢だったのか…」

キイチ「そう、これは夢…」
キイチ「果てない夢」

モモ「そうだったのか…」
モモ「じゃあ、起きなきゃ…」

キイチ「だな!」
キイチ「いっしょに起きよう!」

モモ「そうだね」
モモ「おやすみ」

キイチ「おやすみ…」
キイチ「ZZZZZZzzzzzz…」

…。
……。


追求する/深く聞かない→最初から


キイチ「まあいい」
キイチ「とりあえず、魔法が使えるんだな?」

モモ「まぁ、赤魔術なら…」

キイチ「じゃあ、今すぐ俺の為に国家予算と、世界の美女一年分用意してくれ」

モモ「…いいけど」

キイチ「まじっ!?」

モモ「じゃあ、さっそくやるにゃ」

キイチ「わくわく」

モモ「マジカルロンドっ!」

キイチ「おぉっ!」

モモ「キスス☆キミス☆キラキラリンリン!」
モモ「お兄ちゃんに永遠の眠りを与えたまえ!」

キイチ「えっ?」

モモ「おやすみにゃん♪」

キイチ「なんだか…眠く…」
キイチ「……」
キイチ「ZZZZZZZzzzzz」

…。
……。


ネコミミを引っ張る/ネコミミを撫でる→最初から

 なでなで
 
モモ「ふぁ…」

 ふさふさネコミミ。
 さらさらの妹の髪。
 …きもちいい。 

キイチ「どう?」

モモ「…えっ」
モモ「どうって…?」

キイチ「なでなでされた感想。」

モモ「…えっと」
モモ「気持ち悪いです」
モモ「寄るな変態」

キイチ「…えっ!?」

モモ「前々から思ってたけど、私のこといらやしい目で見てたでしょ?」

キイチ「…お、おい…急にどうしたんだよ」

モモ「今だって、馴れなれしく肩つかんで…」
モモ「変態がうつるからやめてよ」

キイチ「…そんな」

モモ「もうネコミミとかどうでもいいから、兄妹の縁きってほしい」

キイチ「ゆ、許してくれ!」
キイチ「確かにたまにモモのことを意識してたのは事実だ!」

モモ「うわぁ…」

キイチ「で、でも、兄らしくしようと…俺は…!」
キイチ「どんなことでもするから許してくれよ…」

モモ「じゃあ」
モモ「夢の中へ」

キイチ「お安い御用だ」
キイチ「おやすみ!」

モモ「おやすみなさい変態さん」

キイチ「ZZZZZZzzzzz…」

…。
……。



わかった/わからない→最初から

キイチ「…うやうやしくって」
キイチ「どういう意味?」
キイチ「わからない」

モモ「お前は何歳にゃ」
モモ「丁重にあつかえってことにゃ」
モモ「つまり、礼を尽くせっていう意味にゃ」

キイチ「礼…だと…?」

モモ「かつて中国の偉い人はいいました」
モモ「礼が失われたときは、国が失われるときだと」

キイチ「すげぇ」
キイチ「目からウロコ」

モモ「わかったらさっさと土下座しやがれ」

キイチ「…え?」

モモ「最高の礼を持って私を扱え」

キイチ「こんなモモは、妹じゃないっ!」
キイチ「うわぁぁぁぁぁぁあああん!」
キイチ「もう寝る!寝て忘れる!」

モモ「おいこら」

キイチ「おやすみ!」

モモ「人前で寝るのがあなたの礼ですか」
モモ「…お兄様も地に落ちましたね」

キイチ「…ぐすん」
キイチ「ZZZZZzzzzz…」

…。
……。



悪魔を頼る/神を頼る→最初から

キイチ「神に頼ればなんとかなるのでは?」

モモ「神…?」
モモ「どういうことにゃ?」

キイチ「神に祈るのです」
キイチ「全知全能の神」
キイチ「その名も…」
キイチ「…俺!」
キイチ「さぁ、遠慮なく俺に頼んでみたまえ!」
キイチ「さぁさぁさぁさぁさぁさぁ!!!」
キイチ「さぁっ!」

モモ「…デーモンさまデーモンさま」
モモ「神を騙るこのふとどき者に、怒りの鉄槌を」

キイチ「ははははははっ」
キイチ「大宇宙神そして大大大御神である私にデーモンごとき目糞鼻糞ぉぉっ!!」
キイチ「ははははははははははは…っ!」
キイチ「ははは…うっ!?」

モモ「さよならお兄ちゃん」

キイチ「…うっ…こっこれは…!?」
キイチ「心臓がっ……くるし…っ!?」

モモ「ありがとうございますデーモンさま」
モモ「これで地球もまた一つ平和になりました」

キイチ「…赤魔術」
キイチ「おそるべし」
キイチ「げぼぼぼぼっ…」

…。
……。




デビルを倒す/デーモンを頼る→最初から

キイチ「そうだ」
キイチ「もう一度デーモンに頼んでみたらどうだ?」
キイチ「ネコミミをとってくださいって」

モモ「うーん…」

キイチ「何か問題があるのか?」

モモ「もしかしたら」
モモ「罰ゲームが待っているかもにゃ」

キイチ「なにそれ怖い」

モモ「一度失敗してる術だから」
モモ「デーモンさん怒るかもにゃ」
モモ「でも面白そうだからやってみようかにゃ」

キイチ「え?」

モモ「デーモンさまデーモンさま」
モモ「こいつがデーモン様の術にケチをつけています」
モモ「どうかこの駄目人間に罰をおあたえください…」

キイチ「……えー」
キイチ「……あのー」

モモ「お兄ちゃん」
モモ「もう一度最初からやりなおせだってさ」

キイチ「…またかよ」
キイチ「はぁ…」

モモ「残念でした」

…。
……。




謝る/聞き出す→最初から

キイチ「…永遠の幸せって…なんだ?」

モモ「…それは」

キイチ「うん」

モモ「…どうしても言わなきゃだめにゃ?」

キイチ「あぁ」
キイチ「知りたい」

モモ「…うん」
モモ「じゃあ、はずかしいけど、いうね」

キイチ「……」

モモ「私にとっての永遠の幸せ…」
モモ「…それはね」
モモ「二次元だよ、お兄ちゃん」

キイチ「え?」

モモ「嫌なことばかりあふれてる三次元のこの世界より」
モモ「夢のような世界あふれる2次元の世界に私は生きるの!」

キイチ「……モモ」
キイチ「おまえ……そこまで…」

モモ「二次元最高にゃぁぁぁぁっ!!」
モモ「X軸とY軸さえあれば世界はものたりるにゃぁぁぁああ!!」
モモ「デーモンさまどうか私を二次元の世界に連れて行ってぇぇええ!!」

キイチ「…くっ…モモが…とち狂ってしまった…」
キイチ「目を覚ませ!もうここはすでに2次元の世界じゃないか!」

モモ「あはははははははははは」

キイチ「…だめだ」
キイチ「このままではグッドエンドどころじゃない!」
キイチ「もういちどやり直しだ…」
キイチ「ぽちっとな」

…。
……。




いいよ/条件がある→最初から


キイチ「いいよ」
キイチ「でも…条件がある」

モモ「…えっ?」

キイチ「メイド服を着て欲しい」

モモ「……メイド…服…?」

キイチ「あぁ」
キイチ「せっかくネコミミがはえたんだ」
キイチ「メイド服無しでは価値が半減する」

モモ「…ひどい冗談にゃ」

キイチ「俺は本気だ」
キイチ「目を見てみろ」

モモ「血走ってて怖いですにゃ…」

キイチ「…じゃあ、これからメイド服買いに行って来るから」

モモ「う、うん…」

キイチ「一週間後帰るから」

モモ「地球の裏側にでもいくのかにゃ…」

キイチ「じゃあ」

モモ「え、うん…」

 …そうして俺は、伝説のメイド服を探しに旅に出た。
 もう二度とは帰ってこれない家を後にして…。
 

…。
……。



我慢する/告白する→最初から

キイチ「モモ…」
キイチ「突然こんなこと言われて困るかもしれないけど…」

モモ「えっ…?」

キイチ「好きだ」
キイチ「俺と…添い遂げて欲しい」

モモ「そい…とげ…る?」
モモ「えっ…」
モモ「嘘みたい…」
モモ「わたし…うれしい」

 ほろり。
 モモの瞳から一筋の涙が落ちた。

キイチ「…俺、モモのネコミミがなおったら、モモと結婚する」

モモ「あっ…!」

キイチ「え?」

モモ「お兄ちゃん…それ、死亡フラグ」

キイチ「えっ…?」
キイチ「そういえば」
キイチ「急に心臓の辺りが…痛……」

モモ「お兄ちゃん!」

キイチ「ぐほぁぁっ!」
キイチ「し、しぬのか…おれは…」

モモ「仕方ないから、もう一度やりなおして」

キイチ「…さようなら…今の俺…こんにちは…次の俺…」

モモ「おやすみ」

キイチ「……」

…。
……。



妹を呼ぶ/ 妹を待つ→最初から


 もう少し待ってみよう。
 まだ術の最中かもしれない。
 無駄に騒ぐと、きっと邪魔になる。

キイチ「……」
キイチ「……」
キイチ「……」

 …どれくらい時間がたったか分からない。
 …時間感覚が全然つかめない。

キイチ「……」

 …でも、一度静かにするって決めたし。
 もう少し待ってみようかな。

キイチ「……」

 どれくらいたったのかな…。
 妹無事かな…。
 なんか生きてる匂いがしないなぁ…。
 …でも、男が一度決めたことを曲げるのもなぁ…。
 もうすこし待ってみよう。

キイチ「……」

 もう少し…。
 もう少し…。
 もう…。
 も…。
 …。
 ……。
 



行く/行かない→最初から

 …突然だが。
 俺はお化けが苦手だ。

キイチ「怖い」
キイチ「怖い怖い怖い」
キイチ「どっから声聞こえてるの気持ち悪いよぉぉぉおお」
キイチ「おかあちゃーーーーん!!!」

 渾身の叫びはむなしく闇に消えていく…。
 くらいよこわいよたすけてーーっ!

 「こっちにこないの?」

キイチ「絶対いくもんかぁああああ!」
キイチ「呪い殺されるぅぅぅうう!!」
キイチ「うわぁぁああああっ!」
キイチ「ここはどこー?」
キイチ「私はだれーーっ!」
キイチ「たすけてーーーっ!!」

 「うるさいなぁ」
 「もうさっさと消えてよ」

キイチ「おかああちゃあああああああああん!!」
キイチ「…俺…次はいい子に生まれるよ…」
キイチ「……」

 …。
 ……。




信じない/信じる→最初から



キイチ「ということは…」
キイチ「お前はもう、モモじゃないのか!?」

モモ「なかなか賢いじゃない」

キイチ「モモ…モモは…死んじまったのか!?」

モモ「まぁ、死んだも同然だね」

 聞きたくない、決定的一言。
 嘘だと思いたいが、俺の心が事実であると言っている。
 
キイチ「くそっ!!」

 心に嘘はつけない。…納得は出来ないが。

キイチ「…こうなったら」
キイチ「モモの敵を討つまで!!」

モモ「あはははははっ」
モモ「やれるもんならやってみなよ」

キイチ「うぉぉおぉ!」
キイチ「真空飛翔烈風脚!」

モモ「絶対絶命破壊ビーム(効果:相手は死ぬ)」

キイチ「ぐあああああっ!!」
キイチ「痛いいいぃぃいぃぃぃっ!」
キイチ「ううっ…」
キイチ「ネコミミ…ひきょうなり…」

モモ「おやすみ」
モモ「弱いお兄ちゃん」

キイチ「モ、モ…」
キイチ「……」

…。
……。




 …え?/ 姉弟最高だろが→最初から


キイチ「お前何言ってんの?」
キイチ「姉弟最高だろうが」

モモ「…あ?」
モモ「ケンカ売ってんの?」

キイチ「売ってたから買っただけじゃコラ」
キイチ「妹とか兄とか気持ち悪いんじゃワレ」

モモ「アァン?」
モモ「姉のどこが良いっつんじゃ」
モモ「ほら言ってみ言ってみ」

キイチ「姉普通にいいだろが」
キイチ「色々教えてもらうんだよ!
キイチ「色々とな!」

モモ「姉とか実際いたら無いから」

キイチ「いやそれ妹のことでしょ」
キイチ「実際妹うざいから」

モモ「……おにいちゃん…そんな風に思ってたんだ」

キイチ「え?」

モモ「…お兄ちゃんなんか、もう…だいっきらい…」

キイチ「アレ?モモさん?へ?あれ?」
キイチ「…あれ?ももさんなの?え?」
キイチ「おーい」
キイチ「どこいったのモモー?」
キイチ「……」
キイチ「もう一回人生やりなおすか…」
キイチ「おやすみ…」
…。
……。






好きだ/さよなら→最初から


キイチ「さよなら…」

 言い終わった瞬間、漆黒の黒が白に染まっていく。
 そしてそのまま、俺とモモのは、白い光に包みこまれる。

  「この白い力はっ!?」
  「まさかっ…!?」

キイチ「一緒に、消えよう」
キイチ「結局俺たちは…逃げられない」
キイチ「そう」
キイチ「夢の中から逃げ出すことは、出来ないんだ」
キイチ「運命からは逃れられないんだよ」

  「…なんだと?」
  「…お前も利用されたということか?」

キイチ「じゃあね」

  「……っ!」
  「……」

キイチ「モモ…また、夢が醒めたら会おう」
キイチ「…今度は、兄と妹としてじゃなく…」
キイチ「ね…」

 「うん…」
 「お兄ちゃん…」

キイチ「…おやすみ」

 …。
 ……。



夢をみている/ 夢をみたくない→最初から

(ここはやりとり無しで最初に戻る)




見ない/見る→最初から

…なんだ?
妹の頭に…ネコミミ?

キイチ「…なんだ夢か」

モモ「え?」

キイチ「おやすみ」
キイチ「なんか変な夢ばっかり見るなぁ」
キイチ「もう夢はこりごり」
キイチ「いつになったら現実にもどれるんだろ」

モモ「ちょ、ちょっと、何言ってるの!?」

キイチ「しらーん」
キイチ「自分でなんとかしろ」

モモ「そんなぁ…」

キイチ「じゃ」
キイチ「おやすみ」
キイチ「ZZZZZzzzzzz…」

 …。
 ……。


END
PR
【2009/10/29 04:22 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 暫定版>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]