忍者ブログ
  • 2017.10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/25 03:38 】 |
山陽郡にはネットがない
山陽郡にはネットがない。だからたまにしか書き込めないよ。
でも、出来るだけ更新するようにするね。


ぼくがまだ今とは違う立場だったころにも、このサイトでブログを書いていた。
その時は毎日書けた。
なぜなら、ネット環境も整っていたし、何より暇だった。
でも、今のぼくは暇ではない。

いや、暇なのかもしれない。むしろ社会の多くの人から見たらぼくはたぶん暇な部類だろう。

でも、いそがしくても、暇でも、時間をもてあますということは、ないことの方が多い。
時間に追われるのは、いつもだれでも一緒だ。
限りある時間の中で、人は出来るだけ無駄をしないようにと、でも無駄の定義もよくわからないけど、とにかくあがこうと。
時間の流れを感じている時に、一番あせる。
時間の流れを感じている時は、もっぱら時間が余っているときだ。

あまっている時間は切り売りが難しい。
お金に換えるのが難しいという意味だ。
でも、自分の何かの糧にすることは、そう難しいことじゃない。
ただ、その難しくないことを実行するのは骨が折れる。
疲れる。
そう思う自分に情けなくなる。

僕と同じ年代の人達の多くは、外の世界で活躍していたりする。
でも、僕は僕の甘さゆえに、努力が足りないゆえに、人よりも幾分歩くのが遅い。
自分の世界にもこもりがちだ。
プライドは高い。
自分は特別な存在だとどこかで思っている一方で、やはり今の現状は自分が凡人であるという事を如実に現している。
自分が特別だと思う一番多きな依り所は、自分の意識が自分にしかない事に他ならない。
他人の気持ち、他人の能力が、僕には本質的に理解できない。
自分の気持ちと能力は、無意識に掛けられているフィルターを外せば、少なくとも他人よりは、理解できているだろう。
何より自分が望む自分に、何が足りないのかということを、自分がよく分かっている。

努力のスペクトルは、ばらつきがある。
もし自分の努力のスペクトルが「点」であったならと、よく思う。
それは理想の僕だ。僕の理想は唯我独尊だ。
でも、もう遅い。
だから、僕は出来る限りのことをしようとおもって
いまからでも遅いけど、しかたないから、今からしようとおもって
でも、やっぱり、スペクトルは点じゃなくて
やっぱり暇は暇のように思えないから
このブログをまた、復活させた。


今日から山陽公だ。
僕は歴史上の人物で、もっとも心を寄せる方が、2人いる。
一人は、陶淵明。隠逸の詩人だ。
もう一人は、後漢最後の皇帝、劉伯和。

本来、こんなHNにするのは恥ずかしいことで。
でも、少しの間だけ、いいかな。なんて。
だから山陽公になりました。
PR
【2008/12/12 23:30 】 | 三国志 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<雨が降っている | ホーム | 部屋が~~>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]