忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/21 13:35 】 |
サブキャラ運命
サブキャラの運命


 ベートーベンの運命は、まさに「ジャジャジャジャーン!」であったろう。僕の運命を擬音で表せと聞かれたら、う~、くまったくまった、と嘆いた末に「あ、あ、あ、あぁーん」だなぁと詠嘆するに違いない。別にドラえもんのオープニングではない。あんあんとか言って、ドラミならまだしも、青い2頭身にすりよる趣味は無いからな。まぁ僕の事は置いておいて、今回のお題は、ゲーム、漫画、衝説などの創作物におけるサブキャラの運命についてである。


サブキャラ

 サブキャラとはサブ・キャラクターのことであり、主人公やヒロインにあたるメイン・キャラクターの対義語に当たる。サブキャラは広義において、物語にある程度関わる主人公の親友であったり、攻略可能なサブヒロインだったり、一時的なパーティメンバーであったり、デブの武器屋で妻子持ちであったりするわけだ。待遇としては、通行人A<サブキャラ<魔王<主人公といったところか。そのサブキャラは、時として残酷な運命を背負わなけれならない時が多々ある。これは非常に悲しい事だ。


不治の病

 例えばこんな娘がいる。彼女は病にかかっており、それは不治の病で、彼女の命はまさに風前の灯火。しかし、彼女にも一縷の望みがある。それは、彼女が攻略対象であるということだ。主人公が他のヒロイン(例えば物語の主軸となる少女)を選ばず、病弱で薄幸な彼女を選んだとすれば、病気が治る確率はかなり高くなる。なぜなら、彼女は選ばれたからだ。物語の特性上、病気が治らなければならないと、上手く話を紡ぐ事ができないからだ。いや、ハッピーエンドでなければユーザーが怒るからだ。とあるゲームでは、病弱な少女は主人公ニ抱かれ、海を見ながら息を引き取った。また、とある別のゲームでは、病弱な少女は主人公の命と引き換えに、健康な体を手に入れた。しかし!大抵こういうタイプのストーリーは駄作だ。だからご都合よく、病気は治る。そして、幸せに主人公と一緒になるのだ。手術前に、エッチの1つでもかましときゃぁ完璧だ。
PR
【2006/11/03 20:50 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ちょっとピアにいってきました | ホーム | ひさしぶりに>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]