忍者ブログ
  • 2018.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/19 22:47 】 |
暴君ペロネロ
まぁ、題名に深い意味は…あったりなかったり。


今日は、朝ちょっとピアに顔出してからガッコ行きます。わ。わ。わ。

ワギャンランドおもしれーってかなつかすぃーwww
スペランカーで開始1秒で死亡したwww






高校の漫画研究サークルで、ゆる~い青春を謳歌してきた部員達。自分勝手で気ままな空間を各々気に入っていたのだが、ある時異物が混入する!毒を持つ可憐なその女生徒にかき乱されるサークルの行方は……?(ヨイコノミライ1巻・アマゾン作者紹介より抜粋。)
気鋭・きづきあきらが「オタク」と「腐女子」の姿をリアルに描き出した、痛く切ない青春物語! Web連載の話題作が、未刊行エピソード+描き下ろし120ページを加えた“完全版”で堂々復刊!!
高校の漫画研究サークルという独特の空間で繰り広げられる、青春という時間の切なさと残酷さを描く異色作。完結第4集。(ヨイコノミライ4巻・アマゾン作者紹介より抜粋。)




ヨイコノミライの4巻をやっと買った。ついに完結しました。

(;ε;)


120ページ書き下ろし、頑張った!!
俺は評価するぞ!!

青木さんに幸あれ。



完結して初めて、作者の意図するところの数%でも理解できた気がする。
あまたいるクリエイターを目指す人たちは、これを絶対読んだ方がいい。

自分が気付かないような、気付かない「振り」をしているような闇の部分を、示してくれる。
と同時に、進む道に希望もあるという事を教えてくれる。
「オタク」の闇と光の部分が痛いぐらいにまで伝わってくるので、自分を見直すいい機会になりました。


表面を追っていっても、それまでと違って4巻は異質で、どこか不完全燃焼になっている。
けれど、それはキャラクターのセリフ一つ一つ、表情一つ一つを読み解く醍醐味に繋がった。
節々にみえる作者の意図に、何度か鳥肌が立ちました。

登場人物みな、自分の高校時代がそうだったように、自信があって、これからなんでもできるような気がして、「本気」を出せば凄いんだ、という自負があった。
自分のそれを突き崩されるのがまた後々になるのだけれど、その「殻」から出てくる事の大切さが、あらためて身にしみた。



…とりあえず、がんばってエロいの書こう。
PR
【2006/10/17 09:07 】 | 日常 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<(´Д`)ハァハァ | ホーム | UCホウ徳はめました>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]