忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/22 02:46 】 |
三国志妄想 と 正月休み
正月休を満喫。
麻雀やったり麻雀やったり寝そべったり。
あぁ、休みっていいなぁ。

今日の麻雀で、あがり牌をツモってたのに、馬鹿だから間違えて捨てて、それをロンされてしまった。
ツモってたらドラ4役牌1ホンイツでしかも親だったのに(つД`)アァーァ



久しぶりに、ネットサーフィンで三国志関係をあさる。

今まで董白という名前が正史に記述してあるなんて、知らなかった…。
董卓の孫娘というだけで、白という諱(いみな)が本当にあることをしらなかった。
まじびっくり。調べてみるもんだ。
よくよく調べてみると、大戦はちゃんと演義や正史に登場する人物だけ出してる。
でも、夏候月姫の名前の由来が不明なんだが…。誰か知ってるか?
名前の感じからして、あったとしたら「月姫」は彼女の字(あざな)でしょう。
文姫の例もあるし。
それ以外は大体確認を取ってる。

今度張飛の娘が出る臭いけど、無双に「星彩」とかいううさんくさい奴がいる。
いかにも適当な名前ーー!な。大戦でコレはよしてほしい。

張飛の娘で劉禅に娶られたのは2人いて、1人は敬哀皇后。もう1人はその妹の張皇后。二人とも諱は不明。
特に何したというわけでもないのだが、確かに妄想が沸くような設定ではある。



…ってことで、いろいろと妄想が湧く。
今まで寥化とか張春華とかトウガイとか使って小説書いたりしてたけど、今回はゲーム用にシナリオでも起こして見るか…。
今ゲームはアドベンチャーであればフリーのエンジン揃ってるし、結構作るの簡単だしね。

基本史実ベースの方針は変わらず。人物の性格などの記述は参考程度にとどめておき、あくまでも事実関係のみを重要視する。
ヒロインは、董白。…と、もう1人。
史実を洗っていくと、董卓の人間不信になっていく様や、信頼していた呂布に裏切られるドラマに、魅力を感じた。
自分なりの、新しい、人間性に富んだ董卓と呂布像が作れそうだ。
権力を手にして変わっていく董卓と、その孫娘董白。
他人をおもちゃにしかできない董白の感情に、ドラマを盛り込むことができるかどうか。
PR
【2007/01/02 00:00 】 | 日常 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<これから… | ホーム | あけましておめでとうございます。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]