忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/22 02:46 】 |
ゲーセンいってきた と 恥ずかしい話
朝と夜にゲーセンに顔出してきたけど、なーんか人が居ない。
あの最近バイト始めた××君ならいると思ったんだが…。

しょうがないので野良で絆を3回ほど。夜はハゲヒロ君が出てきたので退散して、大戦も少し。


大戦も絆も、あんまりいい勝負ができなかった…。残念。
というかやっぱり野良だとかなり勝率下がる。
大戦は適当に組んだデッキじゃ勝てなくなってきた。スキルがががががががg

もうクルシミマスだね…。冬コミ行きたいなぁ(ぇ


バスの中、とある女性に会った。
…いや、「会った」という表現は正しくないかもしれない。向こうは自分に気づいていたかどうか知らないが、お互い一言も交さなかったのだから。

知ってか知らずか、彼女は僕の目の前の席に座った。かく言う僕は、彼女が座る直前になって、その存在に気づいた。
なにしろ、僕は横山光輝の殷周伝説を読んでいたから、気づくのが遅くなった。こんな漫画バスの中で読んで無ければ、乗車口で彼女に気づくことも出来たろう。しかし、現実はどうしようもない。
彼女が「相変わらず変な本読んでるよ…」とか思って、目を反らして、気づかないフリをしていたらどうしよう…。とか、いろんな思いが頭をよぎる。
よりにもよってその日は服装も適当で、適当に選んだパーカーに適当に選んだパンツだった。色んな恥ずかしい思いが、思考を駆け巡って、頭から蒸気が上がるような気さえした。気を逸らそうと携帯を開けても、動揺は収まらないので画面を直視できない。

『この際、声を掛けた方がいいのかな?』と思ったが、彼女にこんな辺鄙な自分を見せたくない思いが、それにまさった。彼女が僕に気づいていないという、一縷の望みに賭けたのだ。
…中学時代と違って、こんなにデブって、心身共にたるんでだらしない、俺の姿を彼女に見せたくなかった。



思い起こせば、恥ずかしい事ばかり浮かんでくる。
中学時代、彼女は仲の良い同級生の1人だった。

最も仲の良かった時期は、中学2年の頃。あーていうかホント恥ずかしいよー嫌だー。
この辺でやめとこう。うん。無理。
PR
【2006/12/18 00:00 】 | 日常 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<いろいろ更新しました。 | ホーム | 映画観た。それだけ。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]