忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/22 02:45 】 |
まだヤリ足りねぇ…ハァハァ
どうも。
しょうはおーの進撃が終わりそうな頃、R小喬だと思って必死に穆皇后をこすってた白湯です。
ほんと、ヘタレっぷりでは、PIAで2,3を争う自身があります。
あ。一番のヘタレ…ってかダメ人間は明らかにSRススメさんですけど♪


徳9もいつまで維持できるか分かりませんが、頑張ってみます。

今度メインで、R董卓、UCホウ徳、Rカク、C候成、C封印でやってみようかな、とか思うんですが。
いかがでしょうか。






ちょっと穆皇后について調べてみた。


>幼くして孤児となり…


萌えたw


>呉懿の妹で…


さらに萌えたwwww



呉懿ヤヴァスw
しかし、自らの権勢欲のために妹を嫁がせるのはどうかと思うぞ。

まぁでも病弱な劉瑁に娶らせるあたりが、すばらしい。
多分、劉瑁は結婚してすぐにシスコンの呉ゐによって、毒殺されたにちがいないwww

そのあと劉備に嫁がせるあたりが、ドラマを感じるが、劉備嫌いの俺としてはちとむかつく。
未亡人であっても、皇后に迎え入れるあたりが劉備のアレさをうかがえるが、この時の穆皇后の気持ちはどうであったろう。


妄想癖の白湯さんは、穆皇后と劉瑁は恋仲だったと見ている。(戯言です虚言)


どうやら呉ゐの父親と劉エンは知人だったようで、その父が亡くなると劉エンを頼り、入蜀に至る。

穆皇后はかなりの美貌の持ち主のようだったのは、占い師が「いずれ高貴な身になる」などと言った事で伺える。
だから、劉エンの3男である劉瑁は、穆皇后とは年も近く、身分にも申し分なかったので、二人は恋仲になった。
さらに占い師の予言もあって、劉エンは二人を結婚させる。

しかーっし!
ここで兄たる呉ゐは黙っていない。

すでに2人がくっつく事を予想していた呉ゐは、劉瑁の食事に気付かれない程度に毒を盛り続け、結婚してすぐのタイミングで完全に毒殺。
権力+妹奪還の一石二鳥を得るのであった。

そして未亡人となった自分を慰めてくれる兄の呉ゐに、穆皇后はときめく。
「あぁ、お兄様。なんて素敵なの…」
そして、二人は禁断の園へ…。

「お兄様、ここからは二人だけの秘密、でございますよ。」
「ぼ、穆よ…(本当はこの呼び方おかしいんだけど)い、いけない。だめだ兄妹だろ?」
「だめなの、お兄様。わたし、お兄様を思うだけでアソコが…いえ、胸がはちきれそうなの!」
するするっと服をぬぐ穆たん。
「おねがい。1度だけでもいいから、兄様のぬくもりを、私に頂戴…。」
「おぉぉぉおぉぉぉぉぉ~(キョチョの撤退セリフみたいに)」


ハァハァ(´Д`)


そして、兄様一筋となったというのに、穆皇后は劉備に見初められてしまう。
空気読めよ!!劉備!!マジで頼むから!!


「兄様のためなら、どんな折檻だってお受けします。煮えたぎった油にだって身を投じましょう。ですから劉備殿に嫁ぐなど、なんでもございません。」
「しかし…それでは、それでは私の気がすまぬのじゃ…!」
「兄様っ! 私も嫌っ。兄様と最後まで添い遂げたい。でも…もう、決めました。」
「いいじゃないか。地位だって、なんだって、お前がいなければ意味が無い。どこか田舎で二人で暮らそう。」
「いいのです。私の全ては兄様。体は劉備のものになっても、心はいつまでも兄様のところにおります。ですから、ですから最後にもう一度、私の体を貰ってください…。」
「本当にすまん、守ってやれなくて…。」
「忘れてください。それより今は……あぁっ!!」


そして劉備が死んで、劉禅が後を次いで、ご母堂となっても、兄を思う妹の心は普遍でしたとさ。


(゜д゜)ハァ?
PR
【2006/10/19 20:21 】 | 三国志 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<えー | ホーム | (´Д`)ハァハァ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]